京阪本線「寝屋川市」駅より徒歩約6分、寝屋川市大利町に開院。「なかのこどもクリニック」です。
  • お子様の悩み家族の悩みに寄り添って診察いたします

ごあいさつ

院長写真

2019年2月から寝屋川市大利町で小児科「なかのこどもクリニック」を開院させていただくことになりました。
私はこれまで約27年間、一般小児科・小児救急・予防接種・感染症・免疫・小児血液・小児腫瘍・渡航医療などを中心とした医療にたずさわって参りました。 そのなかで、こどもたちおよびそのご家族とより身近な関係の中で小児医療を行いたいと思いクリニックを始めることにいたしました。
私自身の2児の父である経験も活かしてこどもたちとご家族にとって親しみやすく、「寄り添う」「わかりやすい」「丁寧な」医療を心がけ、予防接種、健診、育児相談を含め、子どもに関わる問題に幅広く対処したいと考えております。

病気を診るだけでなく、こどもに関することで困ったら、なかのこどもクリニックで聞いてみようと思って頂けるクリニックを目指し、地域のかかりつけ医として、安心、納得して治療を受けて頂き、お子様の成長やご家族の手助けができたらと思います。そして共に歩んでいけるクリニックでありたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 中野 崇秀

初診の方へ

手帳保険証写真

◎ご持参頂くもの

初診の方は下記のものをご持参ください。

  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 医療費受給資格証(医療証)

その他、薬剤情報、おくすり手帳等をお持ちいただけると診察の参考になります。

こどもの事故を防ぐために

子どもたちの傷害を防止し、重症度の高い傷害を繰り返さないために小児科学会では会員からの投稿に基づき、傷害の事例を報告しています。

公益社団法人
日本小児科学会

Injury Alert(傷害速報)

日本では、1~19歳の死亡原因の第1位は、「予防可能な事故による傷害」です。世界では約30秒に1人、子どもたちが事故で死亡しています。内訳は窒息、溺水、交通事故、建物からの転落が上位を占めています。

たとえ死亡には至らなくても、入院や外来受診などを余儀なくされてしまう事故、やけどや自転車からの転落などが、毎日、全国各地で頻繁に起きています。

病気と同じように、事故は子どもたちの重要な健康問題です。
健康に育ち、夢に挑戦することは、すべての子どもたちに与えられた権利です。

小児科学会監修
こどもの救急
初診の方へ WEB予約|予約はこちら よくあるご質問|当院によく寄せられる質問を集めました 採用情報|私たちといっしょに働きませんか?

クリニック情報Clinic Information

診療時間
 9:00~12:00
15:00~16:30
(要予約)
予防接種 予防接種
健診
★◆
予防接種 予防接種
乳幼児健診
★■
16:30~18:30

・金曜日午後3時から栄養士による栄養相談を行なっております
※…関西医大へ出務 ▲…9:00~13:00

休診日土曜午後、日曜、祝日

〒572-0048 大阪府寝屋川市大利町21番2号

お気軽にお問い合わせください

MAP

寝屋川大利メディカルガーデンズ 2階

京阪本線「寝屋川市」駅より 徒歩約6分
PAGETOP
Copyright © 2019 なかのこどもクリニック All Rights Reserved.